B級?カルト?題名だけで面白い『悪魔の毒々モンスター』

B級?カルト?題名だけで面白い『悪魔の毒々モンスター』

こちらのサイトにはありがたいことにB級やカルト映画好きな方がちらほらいらしてくれていまして。
変な映画が好きな私にとっては嬉しいモチベーションです(笑)
本日ご紹介するのはB級映画の名門トロマの名作毒々シリーズ第一作『悪魔の毒々モンスター』です。

https://www.troma.com/video-list/?v=1690

公式サイトの動画を埋め込めなかったので上記リンクからどうぞ!

『悪魔の毒々モンスター』(原題:The Toxic Avenger)は、1984年にトロマ・エンターテインメントによって制作されたアメリカ映画。『悪魔の毒々モンスター』シリーズ第1作。トロマ・エンターテインメントはB級映画を専門的に製作している。洗練されたストーリー、究極的な美への追求から「美しき映像」と称されることも多い。

ひ弱ないじめられっ子のメルヴィンは不良グループに騙され、有毒廃棄物が入ったドラム缶に飛び込んでしまう。化学反応によって体はみるみるうちに変異し醜悪な”毒々モンスター”へと変身を遂げる。
“悪”を嗅ぎ付け、殲滅する本能が備わったメルヴィンは掃除用のモップ片手に町にはびこるクズ共を退治するうちに町中のヒーローとなりやがて盲目の美女サラと出会い二人は恋に落ちていく。
悪徳市長は町が安全で清潔な町になってしまうことを恐れモンスターをなきものにしようと画策する。-Wikipedia

説明を見ていただくとわかると思うのですが…原題は『毒の復讐者』なんですが…『死霊の盆踊り』と同じく…邦題がまた素晴らしい(笑)『悪魔の毒々モンスター』になっております。

この映画の何がいいかって、何をやってもダメな主人公(でも性格はおバカな部分もあるけど基本いい!)が、モンスターになった事で色々な人を助けたり、悪人をやっつける所。
爽快感が半端ない!これは日頃ストレスを抱えている人は、是非見てほしい。
それとトレーラーではなかなかグロそうに見えますが、グロ映画の中では軽い方なのでスプラッターがそこそこ苦手な方も見れます。

この映画の何がいいかって、いじめられっ子がモンスターになるのですが衣装が上半身ムキムキなのに下半身はバレリーナが着るチュチュを身にまとっているという所。これがトロマ映画の魅力ですね。全力でおバカエッセンスをブチ込んできます。真面目にバカ映画です。でもちゃんとシリアスな部分もあるっていう…ほんとにすごい映画なんですよ。1984年制作のレトロな映画ですが今現在の日本人に是非見てほしい、そういう映画です。私がB級やカルト映画を好きな理由がこれです。

一見するとちょっと変なんですが、実際に見てもらうと変な中にも真面目だったり人間の心理を突くようなシーンがあるんですね。私はシリアスな映画も好きなんですがシリアスな映画にはない、底辺の人間の底力と希望を描いているB級映画、カルト映画がすごく好きなんです。久しぶりに熱くなりましたが、B級映画、カルト映画に興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。たまには昔のB級映画、カルト映画を見るのもいいですよ。

そして何より、俗に言うトロマ映画のスタートはこの作品なんです。この作品以外にも個性的な映画がありますので、また機会があればご紹介させていただきますね☆

Advertisement