名作を生み出す素晴らしい漫画家『萩尾望都』という人。

名作を生み出す素晴らしい漫画家『萩尾望都』という人。

以前、山岸凉子先生をご紹介したのですが、山岸先生とともに私の多大なる影響を与えてくれた漫画家がまた1人。

それが、こちらの萩尾望都先生です。

SFや人間の深層心理を描いている作品が多く、読んでいてこれまた考えさせられるのですが、本当に素晴らしい作品が多いので是非読んでいただきたい。

特に私がおすすめするのは、『半神』この作品は短編なのだけれども、その短いページ(16ページ)で衝撃を受け涙した作品です。

萩尾望都の異色短編傑作集。
双子の姉妹ユージーとユーシー。神のいたずらで結びついた2人の身体。知性は姉のユージーに、美貌は妹のユーシーに。13歳のある日、ユージーは生きるためにユーシーを切り離す手術を決意した……。異色短編「半神」、コンピューターが紡ぎだす恋の歌と夢「ラーギニー」、植物惑星オーベロンでも男女4人の一幕劇「真夏の夜の惑星」など香気あふれる傑作ストーリー全10編。
SHOGAKUKAN COMICより

小学館のサイトにて作品を紹介しているので、未読の方は一度チェックしてください。試し読みだけでも引きこまれる世界が広がります。

この作品は短編なのに、読み終わった後に自分について深く考えさせられるし、愛とはなにか人生とはなにかと問いかけたくなる、そんな作品です。

勿論、この作品以外にも素晴らしい作品をたくさん書いていらっしゃいますので是非是非他の作品もチェックをお願いします!

私のおすすめは『残酷な神が支配する』これは長編で、読んでいると辛くなる部分もあるのですがそれでもおすすめしたい作品です。人間の成長と深層心理、トラウマなど本当に深く深く描いています。

こちらのメッシュも謎に引き込まれてしまう作品です。

幻想的でSFチック。この作品を読んで語り合ってみたい。というか、萩尾先生はSF作品が多いんですよ。物事の発想のすごさというか、宇宙のような人だなと思ってしまいます。

そして、現在萩尾望都先生は『王妃マルゴ』を連載中との事。ずっと漫画を書き続けていてくれるのは嬉しいのだけれども、お体には気をつけていただきたいと切に願います。

山岸先生、萩尾先生以外にもご紹介したい漫画家さんは他にもいるので、今後またご紹介していきますね!いや、ほんと日本の漫画ってすごいんだから。

素晴らしい作家さんたくさんいるからね!知ってほしいと思うのですよ。

そして最後に、萩尾先生デビュー50周年との事。
ただただすごいなと、そしておめでとうございます。

先生の漫画は読みたいけれども、好きな事をして楽しんでほしいなとも思います。