2021年今年も来たぞ業務スーパー激安火鍋の素!

2021年…また冬がやってまいりました。冬といえば業務スーパーの火鍋です(笑)去年ハマった業務スーパーの火鍋の素を探したのですが…残念ながら見つからず(^_^;)

今年は火鍋作れないのかなぁ…と思っていたら、発見しました!

めちゃくちゃ不親切だけど本場では有名な『老干媽 火鍋底料(火鍋の素)』

こちらの商品カゴに積まれていたけれども、なんのPOPもなく(笑)怪しさが満載でしたが火鍋の素っぽかったので購入。『老干媽 火鍋底料』160g税込み199円(2021年11月中旬の価格。)
なんて読むのかわからなかったので調べると…『老干媽(ラオガンマ)』って読むそう。しかもこちらの会社、中国でめちゃくちゃ有名な調味料のブランドだったそうで…怪しいと思ってしまってごめんなさい。あと底料は〇〇の素的な意味合いらしいです。

品名が火鍋の素ではなく中華鍋の素なのが謎。原材料はシンプルですね。

原材料などは日本語シールが貼られていたのですが…何故か作り方の説明は中国語と英語のみ(爆)とりあえず英語の説明を読みながら作ります。

本来ならば沸騰したお湯に火鍋の素を入れるのですが、中身を紹介したかったので出してみました。水分はほぼなく完全なる火鍋の素です。

では作り方。
沸騰したお湯(もしくはお好みのスープ)500mlに火鍋の素を入れて溶かす。
香りが立ってきたら肉とか野菜などお好きな具材を入れて火を通せば出来上がり。ご飯とか麺を入れても美味しいよ。

簡単に説明すると、こんな感じです。
私は大根など根菜にしっかり味をつけたかったので圧力鍋で作りました。出来上がりはこんな感じ。

火鍋の素と大根、豆腐、じゃがいも、ネギ、きのこ、はんぺんを入れて圧をかけ、圧が抜けた後に葉物野菜と豚肉、餃子を入れてます。(はんぺんは圧をかけるとぺしゃんこになるので、本来は後から入れる方がいいです…。)

では、いざ実食!
圧力鍋で作ったせいか野菜から水分が出てしまい辛さは控えめでしたが、八角、花椒の痺れは健在!ちゃんと火鍋の味がする!!辛さは追加で唐辛子入れれば自分好みの辛さに調整できるので、問題なしだし、値段も税込み199円とコスパもいいし…これ当たりですね(^^)

次の日は追加で業スーのぎんなんがんもを入れて食べました。
私の場合、火鍋は一気に大量に作って数日かけて食べたり、追加で色んなものを入れてアレンジしながら食べるのが好きです♪

老干媽の火鍋の素は値段も安いし、アレンジも多彩にできちゃうのでまだ食べた事がない方は是非一度試してみて下さい。見た目は怪しいけど本場の火鍋を楽しめるので(^_^;)

余談ですが、業スーのぎんなんがんもは20個入りで税込み270円(2021年11月中旬価格)とコスパばっちり。毎年冬になると買ってます。

火鍋だけじゃなく、おでんや煮物にも重宝します。

お値段安めなので具材は少なめだけど、ちゃんと銀杏が入っていて味がしみると美味しいのです。こちらもお店で見かけたら買ってみてね-。

ではでは、本日は毎年恒例になりつつある業スーの火鍋の素をご紹介しました。
今年の火鍋の素は去年の火鍋スープの素とは違いますが、これはこれで私は好き!お湯で溶かしてもいいし、色んなスープを使って自分好みの火鍋スープ作るのも楽しいよ。個人的に、今度はシーフードスープで作ってみたいな。

皆様が業スーの火鍋を楽しめますように★