細野晴臣と三国志と銀河鉄道の夜

細野晴臣と三国志と銀河鉄道の夜

最近実践記事ばかりでしたが、本日は私の敬愛する細野晴臣さんと人形劇とアニメのご紹介。
細野晴臣といえば言わずもがな『はっぴぃえんど』&『YMO』でございますが、私の中では『三国志』&『銀河鉄道の夜』なんです。

 

NHKで1982年から1984年まで放送していた『三国志』。私はリアルタイムではなく再放送で知ったのですが、このオープニング曲を細野さんが作られていて、本当に壮大で…この曲を聞く度胸が踊るのです。こちらはインストですが小池玉緒さんの歌っているボーカル入りの曲もありまして、『三国志ラブ・テーマ』で検索していただくとボーカルバージョンも聴けます。また、細野さんの曲もさる事ながら人形劇の三国志も名作!人形劇という事で人形の表情は一定…なのに人形の操り方と声優さんの演技力で本当に生き生きしているのです。(声優と書きましたが、この人形劇では俳優さんが演じております。)その声を演じている人も豪華!

玄徳は谷 隼人、関羽は石橋 蓮司、張飛はせんだ みつお、孔明は森本 レオ、曹操は岡本 信人と本当にすごい。しかもこの時、1役だけではなく複数役演じていたというのも驚き。
現在は人気アニメや映画の吹き替えを声優ではなく俳優に任せて演技が下手なんて事を言われたりしますが、この三国志は全く違います!ワタシ的には草を食べているおじさんのイメージがあった岡本信人さんが一番衝撃的でした(笑)普段のドラマやテレビのイメージを覆すほどの渋い深い演技をされています。

長い長い人形劇なのですが見始めると一気に見てしまうほど濃い内容です。今のNHKで再放送したら視聴料払う人も増えそうなのに…と思うのですが放送はもうしてくれないのかな…。昔見ていた、見た事がないけれども興味がある人は是非一度こちらもチェックして下さい。

さて、三国志のお次はアニメ映画の『銀河鉄道の夜』です。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をアニメ化したこの作品。監督・杉井ギサブロー、原案・ますむらひろし…そして音楽は細野晴臣!
1985年に作られているのに全然古さを感じない。主人公を人間ではなく猫にしているのが初めは不思議だったのですが…(途中人間も出てくるし…)見ているうちにこの猫のジョバンニとカンパネルラにぐっと引き込まれてしまうのです。そしてこの幻想的な世界を彩る細野さんの曲。トレーラー映像で一瞬流れてくるだけでも印象的。アニメもものすごくいいのですが、サントラもめちゃくちゃよいので是非聞いて下さい。銀河鉄道の夜に細野晴臣あり!というくらい、ストーリーも音楽も深く何度見ても号泣してしまうアニメ映画でもあります。

 

サントラはこちら!

人形劇つながりで…NHKで放送されていた『ひげよさらば』も名作なんですが…こちらは全然DVD化されておらず。(実際は数話収録しているDVDが1枚のみ。)こちらも全話収録して出してほしいなとここに記しておきます。